難聴と認知機能低下の関係

難聴と認知機能低下の関係

難聴をそのまま放置していると、認知機能の低下につながる恐れがあることは最近よく知られてきています。

2015年10月、米国学会誌で発表された研究結果から、補聴器を装用することで難聴のある人の認知能力の 低下を抑えることが証明されました。高齢者が難聴により社会との関わりを失うと、認知能力が低下する可能性が高くなることについて、 この分野の専門家の意見は一致しています。

難聴者が補聴器を使用することで、再び積極的に社会との関わりを持てるようになり、 これまで通りの社会活動を維持することで、認知能力が低下するスピードを抑えられることが今回の研究によって証明されました。

※画像・文章は、オーティコンパンフレットより転載

©MTHA補聴器専門店グループ 新日本補聴器
株式会社
・北陸補聴器
株式会社